育毛シャンプーを使っても髪は生えない?

最近、様々な会社から育毛シャンプーが発売されています。
どの成分も髪の毛に良く効きそうな気がして、つい色々なシャンプーを買い込んでしまうことってありませんか?
しかし、実は育毛シャンプーを使うだけでは、髪の毛は生えてこないんです!

希望を失ってしまいましたか?でも、ご安心ください。
洗い方や頭皮のケアの仕方を変えれば髪の毛は生えてくる可能性はあるのです。

ここでは、育毛シャンプーをしようしてもなぜ髪の毛が生えてこないのか、その理由を詳しく説明します。

育毛シャンプーの3つの効能

育毛シャンプーには以下の3つの機能があります。

1. 頭皮の汚れを落とす

頭皮の汚れの原因は「皮脂」であり、それが毛根に詰まり、発毛を阻害しています。
育毛シャンプーには頭皮の皮脂を完全に落とすため、以下のような洗浄力の強いアルコール系成分が含まれています。

  • ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウム(1E.O.)液
  • ラウリルヒドロキシスルホベタイン液
  • ラウレス硫酸Na

2.頭皮に栄養を与える

毛髪が生えると、毛は成長します。しかし、毛根に栄養が行き渡らないと、せっかく生えてきた毛が抜けてしまいます。
育毛シャンプーには毛根に栄養を行き渡らせる成分が含まれており、シャンプーをすることによって毛根に栄養を行き渡らせます。

【参考:髪の毛に必要な必須アミノ酸18種類】
シスチン、グルタミン酸、ロイシン、アルギニン、セリン、スレオニン、アルパラギン酸、グリシン、バリン、アラニン、フェニルアラニン、イソロイシン、チロシン、リジン、ヒスチジン、メチオニン、トリプトファン、ヒドロキシプリン

これらは、髪の毛の発育に必要なものであり、「アミノ酸系シャンプー」とよばれています。
洗浄力は強くないのですが、栄養を行き渡らせるには最適の育毛シャンプーです。

3.血行の促進

元気な毛髪を育てるためには「栄養」が大事ですが、栄養を行き渡らせるには、「血行が良い」ことが大切です。
血行が悪いと、頭皮の内部にある無数の毛細血管が栄養分を蓄えた血液を毛根まで行き渡らせることができなくなり、毛根や毛髪を弱らせてしまいます。

育毛シャンプーには血行促進効果のある、以下のような様々な成分が含まれています。

唐辛子、センブリエキス、ショウガエキス、ニンジンエキスなど

では、これだけ良い成分が含まれているのに、なぜ育毛シャンプーだけでは、髪の毛は生えてこないのしょうか?

育毛シャンプーでは髪の毛が生えてこない理由

前者の3つの効能は、発毛に非常に重要なものなのですが、あくまでも「発毛しやすくなるための土台作り」です。

発毛にはさらに

  • 5αリダクターゼ(脱毛を促進させるホルモン)の抑制
  • 毛包(発毛を活性化させる細胞)を成長する時間
  • 発毛に必要な毛髪合成材料(ミネラルやアミノ酸)の確保

上記が絶対条件として必要になります。

これらは育毛シャンプーには含まれない機能のため、育毛シャンプーだけでは発毛は不可能なのです。

上記の3点を育毛剤などで補った上でも、なお「育毛シャンプーの効果が出ない」という場合は、育毛シャンプーの選び方や使い方に問題がある可能性があります。

「育毛シャンプーを使っても髪は生えない?」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です